Phantom Reality

たとえ全てが嘘だとしても―
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
s.CRY.ed
これは私が・・・いや、俺が多分生まれて一番最初にもんのすごい没頭したアニメだと思う。昔の記憶なんて曖昧だけど。
でも、印象が強かった。

なんで今頃こんなこと言い出したかっていうと、まぁ例によってDVDを見直したわけで。
ほんっと久々に見たけど、殆ど覚えてたね。後半の方は。
なんつっていいかわかんないけど、凄い良かった。全てが。文句のつけようがないし、つけようとも思わないし。

んで、珍しく主人公(カズマ)がべらぼうにイカすキャラだしね。珍しくってか滅多とないね。俺はこれ以外に知らない。

個人的に、君島が最後付近に言った"意地があんだよ!男の子には!"ってのが凄いカッコよかった。アニメ後半でカズマが使ってたし、カズマの言葉なんだろうか。ってか君島が逝った場面は素で痛かった。
後、クーガーは最強の兄貴だと思ったね。あの人(色んな意味で)最高だった。

最終話で最初の決着つけたのはかなり良かった。漢の信念をぶつけあってたってか・・・なんかもう凄かった。うん。単発で突発的な感想しか出てこないけど、言葉になんねぇよ(何

阿呆だと思ってくれてもいい。けど、俺がこれに激しく没頭したのは事実ですからっ(ぁ

PS:小説版の話をOVAで出してくれないだろうか(無理だ
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。